不動産担保ローンのデメリットは、追加担保が必要な場合があるなど

不動産担保ローンは担保にできる不動産物件さえあれば、比較的簡単に融資をうけることのできる便利なサービスですが、気を付けなくてはならないこともあります。

不動産担保ローンのデメリットとしてどんなことがあるかを知っておきましょう。

不動産担保ローンというのは基本的に低金利に設定されていますが、低金利であるからこそ注意しなくてはならないこともあります。

不動産担保ローンで多額の融資を受けたいと考えた場合、金利が低いからと長期の返済計画を立てたとします。

返済期間が長いということはその分金融会社としては金利で利益を出せることになりますが、もし契約途中にて一括返済ができる当てができた場合に、違約金が発生することもあります。

一括返済をできるチャンスを考えている人は返済計画の変更について調べておく様にしましょう。

また、不動産担保ローンの場合、追加担保が必要な場合もあります。

追加担保とは、どういう意味かといえば、既に担保としている不動産の価値が下がった場合に担保となる他の物件を追加するという仕組みです。

不動産というのは基本的に価値が変動するもので、時にはその価値が融資を受ける時にあったよりも低くなる可能性はあります。

そこでこの追加担保というのがあるのですが、中にはこの追加担保をしないという金融機関もあります。

追加で担保を出すことのできない場合などは追加担保についてもよく確認しておく必要があります。

不動産担保ローンの融資を受ける場合、様々な金融機関から選ぶことができるのですが、銀行以外のノンバンク系からの融資については注意が必要です。

ノンバンク系の不動産担保ローンは比較的審査も甘く、借りやすいという特徴がありますが、その分金利が高くなっているので、十分な検討が必要です。